スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

金色のコルダ2プレイ感想 その2。

►2007/05/19 01:14 

やっと加地くんクリアしましたー!!エンディング2つめー!!

遅!!!

うん、まあ競ってるわけじゃないし、いいのさっ。私のペースで。
ってか皆さんなんであんなに早いんだろ・・・もう、余裕でコンプしてるし・・・。

えーと、”ふつう”でエンディングは恋愛通常エンディングです。
普通にネタバレです。

本当は連鎖狙ってたんですけど、親密度上げすぎると連鎖ルート入れないんですよね。知らなかったわ。

さて、噂の新キャラの彼ですが。

キャラ設定見た時から「なーんか掴み所がなさそう・・・。」ってのが私の彼に対する印象だったんですけど。


やっぱり掴めませんでした。(ぇ。)


「とりあえず掴んでみようか。」と思ってたので連鎖狙ってたんですけどね。通常ルートだとやっぱり加地くんの本心は掴めなかったです・・・私は(^^;

まあ、最初っから主人公のファンだ、君の音は素晴らしいばっか言ってるんですが、やっぱそんなに臆面もなくさらっと言われ続けると逆に本心から言われてる気がしないんですよね、どのイベント見ても。また、マモの常に「ふふっ」って感じの軽い笑いを入れた喋りがそれに拍車をかけてます・・・。狙って?

ちょっと話それますが柚木が加地くんのこと嫌ってるのは同族嫌悪だと思う。本音と建前同士。
・・・まあ、ちょっと種類は違うと思いますが。

でもある意味彼には今までのキャラにはない切なさがありますね。実は一番切ないかも。
まだ連鎖は見てないんですけど、「僕には音楽の才能はない。」って言い切ってるんですよね。
考えてみれば、今までのキャラは全員コンクールに出場してる・・・つまり、選ばれてる人達なんですよ。例外なく。
芸術関係の才能って、努力ではどうしても届かない領域ってあるかもしれないな、って思います。
音楽が好きで努力しても、自分が選ばれた人間ではないと悟ってしまった・・・。
まあ、他のメンバーは「加地は自分が言うほど下手ではない。」とも言ってるんですけどね。それでも次元が違うんだろうな、と。
おそらく連鎖ではそこらへんが主になってくるんだと思うので、今度の楽しみにとっておきます。

イベントで一番気に入ったのは「愛称で呼ばないの?」って感じのイベントです。スチルもない地味なイベントですが。
「愛称で呼ばないのかと尋ねる」を選べばこいつのことだから「えっ!?いいの?ありがとう!」とか言って呼び方変わるんだろう、とか思ってたんですが。
「・・・僕にだって照れる時はあるんだよ。」との意外な返事でした。ちょっと「なんだよ、こいつかわいいとこあんじゃねーか。」と思いました。(笑)

あ、気に入ったっていうか印象に残ったのは「使ってないほうの家」発言。
「このゲーム金持ちまた増えたーーー!!!」と。(笑)
加地君は衆議院議員の息子だっけ?・・・でも音楽ってかなりお金ないと続けられないらしいしねぇ。ある意味自然か。

エンディングに関してはとりあえず「Tip-Top Shape」がかなり好きです。やっぱマモは歌うまいなぁ・・・。
エンディングの曲も思い出で曲だけ聴ければいいのに。

次はれんれんかなー。連鎖いくぞー!!

スポンサーサイト

テーマ : 金色のコルダ2 - ジャンル : ゲーム

金色のコルダComment(0)Trackback(1) | Top ▲

コメント


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2007/05/22 | ゆうかの日記 |

金色のコルダ

金色のコルダ金色のコルダ(きんいろのこるだ)は、コーエーから発売されている女性向け恋愛シミュレーションゲーム。女性向けゲーム開発チーム、ルビー・パーティが開発したネオロマンスシリーズ第3作目。また、キャラクターデザインを担当した呉由姫に

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。