スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

金色のコルダ2プレイ感想 その1。

►2007/05/12 01:13 

こんばんは。今更ながらなぜか山下智久くんにはまりそうなほのかです。(ぇ。)
いや、まあ、普通にジャニーズは好きなんですけどね。
・・・やっぱああいう目が大きい正統派の美形に弱いんですよねぇ・・・木曜の食わず嫌いでまったくごまかしきれてないところなんかめちゃくちゃかわいかったしぃ・・・。

・・・失礼しました。(^^;

さて、こっちの方が超超超今更なんですけど、コルダ2のエンディング感想をやっぱり書こうかなー、と。

最初にクリアしたのはやはりというか誠に残念ながら柚木なわけなんですけども(ちょw)

まずは小手調べってことで「やさしい」で連鎖ルートエンディングです。

ネタバレはバリバリですので。



すいません、普通に感動しました。


んー、でも感動した対象ってのはどっちかっていうと、火原との友情・・・ってか火原の柚木に対しての行動?かな。

連鎖ルートってつまりイベントが繋がってるわけで、キャラごとの一番大事な問題とかに突っ込んでるシナリオなわけなんですけど。
だから柚木の場合も家のことで音楽を辞めなければならないかもしれない状態に立たされてしまう・・・という1で問題として提示されていたことの解答編というか。いろいろと1で気になっていたことの核心を突いてきたなー、って感じです。

そのひとつに火原との関係のこと。

私の中ではかなり気になることではあったんですよ。
火原が柚木のもうひとつの顔を知った時にどう思うのか、とか柚木は火原のことを実際どう思ってるのか、とか。

だからイベントで「・・・俺が火原を騙しているだって?どうしてそう思うの?」というセリフが出てきた時にはけっこうドキッとしましたけど。
「火原といると、自然をいい人になれるってだけだよ。」
という柚木の返答。個人的にはすっと納得できました。そして安心しました。ああ、柚木が火原のこと気に入ってるのは本当なんだな、って。

で、家がかなり危機に立たされて限界ギリギリの柚木が火原の前でもおかまいなしに自分を俺呼びするようになった時の火原ですよ。

柚木の口調や態度が違うことよりも、柚木に何かあったのではないかとそのことばかり心配するんですよね。

この火原には本当に感動しました。
柚木の態度が違うこと自体はそれほど気にかけてないんですよね。いや、もちろん違うことには気付いてたんでしょうけど、柚木の心配ばっかですよ。
みんなが火原が好きな理由がよくわかりましたよ。(遅いから。)

逆に気にしてるのは柚木ばっかなんですよね(^^;
「驚かないのか?」って柚木から聞くまで火原は態度についてはなんにも言わないのに。
「お前達がいたから、高校生活楽しかったよ。」と言われた日にゃあ・・・。火原との友情に乾杯。

そして柚木の家や音楽に対して向き合う覚悟ができた柚木。
失いかけてからそれがどんなに大事か気付くというのはよく言うことですが、柚木も例に漏れずだったようで。

もちろん好きでなきゃあれほど上手くもなれないだろうし、無意識であれ音楽科になんか進まなかったでしょうけど、改めてあれだけ音楽に対しての愛を語られると告白シーンよりある意味照れますな。(なんじゃそりゃ。)
まあ、もちろん家の問題は一生付いて回ることでしょうから、その家との関係性にはっきりとした答えが出たわけではありませんけど、柚木が前向きになった、ということでいいんではないでしょうかね。
柚木の頭の良さと腹黒さはご存知の通り(笑)なので、ここからは心配する必要もないでしょうしね。
エンディング後のスペシャルで楽しそうに合格通知について考えてる柚木を見るのはなんとなく好きなんです。

と、ここまで真面目に語りましたがもちろんツッコミどころも多々ございました。

まず今回もお待ちかね豹変イベント(笑)
一応今回の主人公は柚木の別の顔はまだ知らないってことで始まってるのでね。

壁打ちってなんだ。

「お前、俺の壁打ちの壁になれよ。」って・・・。(腹抱えてます。)
どうしてこいつは頭がいいはずなのにところどころ言い回しとか例えがおかしいところは変わってないんだ・・・。
そういやこの前立ち読みした某雑誌で「壁打ちばっちこーい!」って書いてあったのには笑えました。

よーし!あたしにも遠慮なくばっちこーい!!

全力で避けてやるから!!!(ぇ。)

あ、でもここ声入ってないのがとても残念でございます。

あとダンスパーティーのスチル。見た瞬間第一声。

「近ぇーーーーー!!!!!」

なんで他のキャラはみんなさわやかに見つめあいながら踊ってんのにお前だけ異常に顔が近いんだーーー!!!だからお前コルダのエロ要員とか呼ばれるんだよ!!

あたしとかにな!!(ぇ。)

あとデートで笑えたのが映画館のやつ。結局何選んでも柚木の見たいやつ見るんですよね。なんていうか・・・うん。なんとなくここ好きですね。いや、なんとなく。結局一緒に見ないと嫌なんですよね、こいつは。

あと全体的な感想ですが、黒柚木の時の声がなんか・・・違くないか?
なんか・・・えらいねっちこい喋り方のような・・・無駄に囁くように喋ってるし。

以上!!いや、でも全体的に柚木ファンとしては充分に楽しめるシナリオでした。
あ、そうだ。エンディングについてあんま語ってないな。
でも・・・うーん・・・。

「・・・何をした!?」

って思いました。はい。

ちなみに今は噂の新キャラ加地くんを攻略中ですー。

スポンサーサイト

テーマ : 金色のコルダ - ジャンル : ゲーム

金色のコルダComment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。